公益社団法人 日本建築家協会 北陸支部

石川地域会

2020年度事業計画

事業方針

石川地域会では、建築・建築家の本質を追求しつつ絶えず新しい建築の潮流を意識し、また、社会・地域と建築の在り方を考えて参りました。本年もこの姿勢は変わらず継続してまいります。

事業計画

3年前より掲げた、「唯、良い建築の創造のために」を基本理念に、良い建築あるいは建築群を創るために会員同士研鑽を重ね、我々の職能を活かし地域社会に貢献し、また、我々建築家の取組みを地域社会に発信してまいりました。そしてその一環として、一昨年には、「地域と建築展」を実施し、これらの目的を達成するとともに、地域と建築の在り方について市民と共に考える場を持ちました。昨年は、この活動のステップアップとして、金沢に昨年オープンした「谷口吉郎・吉生記念金沢建築館」においての企画展を計画してまいりました。また、継続事業として、公益社団法人の使命である地域貢献を目指し、好評のこどもけんちく塾をはじめとする様々な事業を行ってまいりました。本年度は、金沢建築館における展覧会の実施年度であり、これを通し「建築家」という存在を広く市民にアピールしたいと思います。さらに、我々自身がどのように地域そのもの、あるいは地域と共にある建築や景観について考える機会にも出来たらと考えます。建築環境を取り巻く様々な変化は、次代の建築家に多岐にわたる職能を求めています。単体の設計においては、環境面への配慮や企画段階でのワークショップの開催、BIMやAI等新技術の導入などが挙げられます。また、社会の中での建築という視点では、近年甚大化する自然災害に対する建築家としての支援・協力、まちづくりとしての景観的課題解決、CMやPFIなど新しい建設手法によるコスト縮減やハードソフトの一体提案など、求められる建築家像は年々多様化しています。さらに、建築を街の構成要素として公共財産の一つと捉えると、建築家が地域に積極的に関わることも重要となります。市民や行政と共に、古代より歴史を重ね、近代において戦災にあっていない石川ならではの文化ストックを活かし、次代の地域を創造していくことは公益社団である我々の使命の一つだとも考えます。これらの活動は、建築家だけでは成し得ない分野も多く、建築関連団体や他分野の人々と協働することも重要です。協働の中から、更に活動領域を広げ、社会で期待される建築家を目指していきたいと考えます。 ◎良い建築や建築群を創造する ・建築講演会・研究会などの実施 ・会員による建築発表、討論会の実施 ・展覧会の開催 ◎社会・地域への働きかけ ・他団体、異業種との連携 ・職能を活かした地域社会への貢献 ・職能を活かした青少年育成事業 ・職能を活かしたまちづくり提案事業 ◎建築家の取り組み発信 ・啓蒙型事業(講演会、パネルディスカッションなど) ・電子メディア発信事業(ホームページ、フェイスブックなどによる広報) ・展覧会を通した発信事業

組織・委員会構成

石川地域会では、3カ年度前に、「公益寄与」と「公益保護」を意識し、社会にとって、会員にとって、魅力的な地域活動を支える組織・委員会構成を目指し、委員会を再編し役職も変更し組織改革を行いました。事業数も直し、活動に若い世代の会員が積極参加できる体制を構築し、持続発展可能な地域会づくりを目指しスタートしました。一昨年度は、その一つの成果として、「地域と建築展」を金沢21世紀美術館で好評のうちに実施することが出来ました。この展覧会の成功をふまえ、昨年度より、地域会で2年毎に展覧会などの新規事業を企画実施しようということになりました。これにより、「地域の建築家」が何を考え、何を行っているかを広く市民に伝えるとともに、会としての創造性を育み続けることが出来ると考えます。本年度も昨年同様、事業執行の要となる委員長職に対しては、事業の構築を補佐する担当幹事、アドバイスを行う副地域会長をおき、多角的な視点で質の高い事業構築を目指します。また、委員会名は委員会の行う活動のミッションが反映されたわかりやすいものとします。地域会幹事に関しては、会長・副会長・委員長・担当幹事で構成し、幹事会で他の委員会の状況や活動内容を確認できる合理的な運営体制とします。また、総務広報委員会においては、協力会とも連携しながら、主に電子媒体を積極的に用い広報及び事業アーカイブを強化していきたいと考えます。 【新規事業グループ】 ・まちと建築委員会建築家としてまちづくりを考え、その取り組みを社会に発信、広報する新規事業を企画します。また、会員相互の設計した建築について発表会の実施などを検討します。・建築文化委員会地域に残る建築文化を保存、継承する活動を行います。まちと建築委員会と連携しながら、その取り組みを社会に発信、広報する新規事業を企画します。 【継続事業グループ】 ・次代の建築家委員会次代への継承を目的とした委員会として、こどもを対象とした公開型建築塾を行い、建築・まちづくりの重要性を社会に伝えることを検討します。・建築研究委員会建築に関する設計手法や最先端の技術、建築と関連する芸術やデザインなどを研究し、建築家としての資質向上、引いては良好な景観創造など社会環境の向上を目指します。 【総務情報グループ】 ・総務委員会各事業の参加状況の改善を検討します。委員会や総会の企画運営、日常の総務業務、また、支部との情報連絡、建築関連他団体との協力、連携事業などを担当します。・交流発信委員会協力会で構成し、広報や会員相互の交流を促します。ホームページ、フェイスブックの更新・活用、懇親会の企画などで会員間・地域会間とのコミュニケーション促進を検討します。

2020年度役員

地域会会長 浦  淳【副支部長】
地域会副会長 【支部幹事】 石村聖一郎 竹内 申一 家山  真 古橋 孝実
参与 水野 一郎 西川 英治
顧問 清水 純
監査 笠島 理 中出 喜美男
【支部長】 高屋 利行
 

準会員

会長 表  尚玄(浦建築研究所)
副会長 田淵 基樹(田淵建築構造事務所)
メール配信 表  尚玄(浦建築研究所)

協力会

会長 山岸 晋作(株式会社山岸製作所)
副会長 鍛冶  渉(小松ウォールアイティ株式会社)
事務局長(メール配信) 高田 智司(シンコール株式会社)
幹事 古川 幸嗣(北陸電力株式会社) 山田 一平(日海不二サッシ株式会社) 吉村  彰(YKK AP株式会社) 石野 哲也(北菱電興株式会社) 宮口 義史(菱機工業株式会社) 芝田 修一(ヨシダ宣伝株式会社) 冨久尾 裕喜(金沢セメント商事株式会社)
監事 皆川 哲哉(金沢セメント商事株式会社)

石川地域会お問合せ先

イベント情報

2021年度 石川地域会 通常総会のお知らせ

開催日時:2021年5月8日(土)

2021年度 通常総会を開催いたします 日時:2021年5月8日(土) 場所:ZOOMオンラインミーティング(URLは参加者に後日通知します) スケジュール: 13:00 開場 13:10~13:50 建築フォーラム 1 […] [ 続きを読む ]

金沢・建築キッズプログラム

開催日時:11月1日(日)・8日(日)作品展示11月13日(金)~16日(月)

おかげさまをもちまして、定員に達しましたので応募は締切とさせていただきます。 ありがとうございました。 住んでみたい「夢の家」をつくろう!   自然とのつながり、家族との団らんを考えながら創造性あふれる「夢の家 […] [ 続きを読む ]

2020 JIA こどもけんちく塾

開催日時:9月27日・10月4日・10月11日・10月18日・10月25日

JIAこどもけんちく塾からのご案内です。 8月のサマーキャンプは残念ながら中止とさせていただきましたが、9月からの活動は感染対策をしっかりと行いながら実施の予定です。 今年は「子どもまちおこし!みらいの石引商店街をつくろ […] [ 続きを読む ]

新着情報